4年目に入ったコロナ感染症 令和5年に向けて

弘前市医師会会長
沢田内科医院
澤田 美彦

新年あけましておめでとうございます。令和4年も令和2年から続く新型コロナウイルス感染症対策に追われた1年でした。年頭にあたり、昨年の状況を顧みて令和5年に備えたいと思います。

コロナウイルスワクチンは、令和3年の春に医療従事者に対して接種が開始され、弘前市では6月から高齢者の接種を開始しました。ワクチン接種体制を決める段階で、弘前市医師会ではこのワクチンは繰り返し定期的な接種が必要になると判断しました。そこで、体育館などの大きな会場を設けての集団接種ではなく、定期的な接種に対応できるように病院と診療所で個別に接種する体制を作りました。

弘前大学を中心とした市内の大学が共同で行った集団接種や一部の職域、青森県が主導した集団接種が行われましたが、弘前市では周辺の市町村の住民も含め、基本的に医療機関で個別にワクチン接種を行い1年半後の現在も継続しています。もちろん個別の医療機関には大きな負担をかけることになりましたが、どのようなワクチンが供給されようとも、弘前市医師会ではいつでも接種ができる体制が整っています。

弘前市のコロナウイルス診療体制は2類相当という状況では、感染対策がとれる病院が主体となっています。健生病院と弘前総合医療センターは特に多くの入院患者を扱っていますが、鳴海病院、弘前中央病院、弘愛会病院などでも入院治療を行っています。また、弘大は重症者の治療にあたるのが役割ですが、現実には市内の輪番の当番にも入っていますので、ここでもたくさんの患者の診療にあたっています。もちろん、市内の病院の医師も医師会の会員ですが、診療所で診療にあたる会員は入院治療をするのが難しく、発熱外来を通して軽症患者の外来診療にあたっています。そして、できるだけ大きな病院の負担を軽くするように活動してきました。

弘前市医師会そのものの事業にもコロナウイルス感染症が大きな影響を与えました。弘前市医師会は会員のための組織ではありますが、常勤職員約100人、パートなどを含めると全員で約130人の職員が働いています。年間予算約20億円の一般社団法人でひとつの企業体でもあります。いかにコロナ禍とはいえ、経営を考えないわけにはいきません。医師会健診センターは弘前市とその周辺地域の企業健診に大きな役割を果たしています。対がん協会の情報では、全国的にはがん検診受診者数がかなり落ち込んでいます。医師会健診センターも感染が始まった当初は受診者数が減少しましたが、現在では職員の工夫などで大きな落ち込みがなく健診が行われています。

急患診療所は、月平均約千人の急患患者が受診していましたが、コロナ感染が始まってからは受診者数が約3分の1になっています。かつては受診者数がゼロという日はありませんでしたが、ここ2年間は小児科も内科ともに受診者がゼロという日が月に1、2回あります。
それだけ、市民の受診行動が変わってきたということです。このままの状況が続くのか、元に戻るのかはっきりしない状況です。

看護専門学校の学生は、学校の講義室や実習室で勉強するだけでなく、弘前市内外の病院での臨地実習が必須です。その際に学生が実習病院にウイルスを持ち込まないように万全の感染対策を行っています。大きな制限を受けましたが、各病院のご協力により何とか無事に実習を終えることができました。2月12日の看護師国家試験に向けて頑張っています。

健診センター検査課ではシステムを更新して会員医療機関との連携をスムーズに行う予定です。検診課では保健指導体制を改める必要に迫られています。急患診療所は感染対策を行いながら発熱患者の診療を行っていますが、コロナウイルスの検査は行っていません。いつまでこの診療体制で診療を行うのか検討する必要があります。看護専門学校は、准看護学科への入学生を確保するのが緊急の課題です。先日、公立高校の志願倍率が1倍を切ったという新聞報道がありました。数年前の高校卒業生は約1,800人でした。最近は約1,500人です。そして、ここ3年間の弘前市の出生数は1,000人前後です。看護師養成に関しても検討して行かなければなりません。このような状況の中で、弘前市医師会がますます発展するためにはどのようにしたらいいのかを考えながら進んでいくつもりです。

弘前市医師会報 第407号 2023年1・2月号 巻頭言 より

市民のみなさまへ

市民のみなさまへここでは市民のみなさまに向けた医療・健康に関する様々なお役立ち情報を公開しております。ぜひご利用下さい。医師会から...

続きを読む

概要

概要■ 定 款 (PDF)■ 会務・事業及び委員会報告 (PDF)( 令和3年度 ・ 令和4年度 )■ 役員・委員会名簿 (PDF)( 令和4年度 ・ 令和5年度 )■ 財産目...

続きを読む

HOME

急患診療所のご案内弘前市急患診療所0172-34-1131弘前消防本部病院紹介専用0172-32-3999弘前市の急患診療所・在宅当番医...

続きを読む

弘前市医師会健診センター総合検診車更新について

巡回がん検診などで市民の健康を支える総合検診車が、公益財団法人JKAの補助を受け、 令和5年3月31日、14年ぶりに更新されました。胃部と胸部併用の検診車で、データはすべ...

続きを読む

ごあいさつ

4年目に入ったコロナ感染症 令和5年に向けて弘前市医師会会長沢田内科医院澤田 美彦新年あけましておめでとうございます。令和4年も令和2年から続く新型コロナウイルス...

続きを読む

お問い合わせ

これは、住所や電話番号などの基本的な連絡先情報が記載されたページです。 問い合わせフォームを追加するプラグインを試すこともできます。

続きを読む

特定健診・特定保健指導

特定健診とは  平成20年4月から実施された、メタボリックシンドロームの早期発見を目的とした健康診査です。40~74歳の方は義務、75歳以上の方は努力規定となっています。...

続きを読む

役員

会長弘前市医師会会長澤田 美彦Yoshihiko Sawada沢田内科医院副会長...

続きを読む

各種委員会

人事対策委員会活動内容医師会職員についての就業規則、給与規定、退職死亡給与規定、旅費規定、厚生資金貸付規定など職員待遇についての検討、職員採用の面接試験の実施、職員労働...

続きを読む

部会

弘前市医師会部会のご紹介内科部会部会長玉田 友一外科部会部会長秋山 邦男産婦人科部会部会長...

続きを読む

医療機関マップ

弘前市内の医療機関マップです。医療機関名で検索ができます。「キーワード」に検索したい文字を入力して「検索」ボタンをクリックしてください。[no_...

続きを読む

医療関係者の方

医療関係者の方へお知らせここでは医療関係者の方に向けた情報を公開しております。ぜひご利用下さい。医師会からのお知らせ...

続きを読む

急患などのお知らせ

弘前市急患診療所弘前市急患診療所0172-34-11310172-34-1131 .vk_outer.vkb-outer-7de6e3c7-71b8...

続きを読む

健康医療情報

日本医師会日本医師会健康の森日本医師会総合政策研究機構日医ニュース介護保険制度健康や医療のリンク集独立行政法人医薬品...

続きを読む

弘前市医師会入会のご案内

弘前市医師会への入会に関するご案内ページです。ただいま準備中です

続きを読む

弘前市医師会のご案内

弘前市医師会のご案内名 称一般社団法人 弘前市医師会住 所〒036-8045 青森県弘前市野田2丁目7−1TEL0172-32-2371FAX01...

続きを読む

登録

[swpm_registration_form]

続きを読む

医療機関求人情報

弘前医師会会員医療機関からの求人のお知らせです。お問い合わせは各医療機関求人担当者あてにお願い致します。看護師助手...

続きを読む

弘前・黒石産業保健センター

弘前・黒石 産業保健センター働く方を応援いたします。労働者数50人未満の小規模事業所の働く人の健康に関するご相談を無料で行っておりま...

続きを読む

医師会会員のページ

医師会会員ページ弘前市医師会会員ページへの入室には[br-xs][br-sm]ユーザーID・パスワードが必要です。IDパスワードがご不明の会員の方は[br-xs][br...

続きを読む

保健医療活動

急患診療所総合保健センター1階に市が開設した弘前市急患診療所において、内科・小児科の一次救急患者に対応する応急診療を実施。医師会員が輪番制で日曜日・祝日・年末年始の日中診療及び...

続きを読む